2016年度 ツーレポ

曽爾高原ツーリング Rikoさん企画

今回は風SENで初めてツーリングを企画したリコさん企画のツーレポで~す。

目的地は曽爾高原と言うところでこの地名は初めて聞いたので、ワクワクしながらの参加です。

集合場所の長島スポーツランドにつくと、もう皆 集まっていました。

出発のミーティングをして、私に先導の依頼が「おっ! クネクネを自分のペースで走れて嬉しいな~!」と

快諾して私からの注意事項を話して出発で~す。

長島スポーツランドを出発して、伊勢湾岸自動車道に乗って四日市JCTから東名阪自動車道に乗り亀山に向かいます。少し交通量はおおいものの快調に走っていきます。

最初の休憩場所の国道1号線沿いの亀山ドライブインに寄ります。

20分ほど休憩して名阪国道を走って南在家インターを降りて県道668号に入って、蝙蝠峠のクネクネ道を楽しみながら青山高原を目指します。

しばらく走って青山高原の見晴らしの良い展望駐車場に到着です。

バイクを降りてヘルメットを取ると「寒い!」それに風が強くて山頂は雲も広がって居て日差しも無くてより寒く感じます。なので休憩場所を山を降りたところのコンビニに変更して出発またクネクネ道を走って国道156号に出て、しばらく行ったところのコンビニで休憩です。

コンビニの駐車場には10台程のバイクが停まってました。

その中に元風SENのメンバーさんが居たらしくクニさんが懐かしく話していました。 

また偶然にもRikoさんの知り合いも居たみたいで、その場で盛り上がってしばらくはお話をして居ました。

30分ほど休憩しお昼も近くなってきたので昼食の予定の「森のレストラン アーチ」に向かいます。

青蓮寺湖畔のクネクネ道を進んでいくと素敵なログハウス調のお店に到着です。店内も素敵な造りで料理が出てくるまで

しばらくはおしゃべりタイム。

ピザなどを食べながら楽しいランチタイムを過ごします。

食後は今日のメインの曽爾高原へ向けて出発です。

しばらく走って曽爾高原の駐車場に到着、駐車場にバイクを停めて曽爾高原を歩いて散策です。

坂道を上がって行くと視界が開けて、一面のススキの原っぱがとても素敵な景色です! 

お亀池の畔を歩きながら雄大な景色に心が癒されます。

この素晴らしい風景にバグさんのカメラマン魂に火がついて写真撮影会の開始です。

色々なアングルからの撮影で、バグさんは写した画像を見ながら、素晴らしい!素晴らしい!の連呼で、写真の出来上がりがとても楽しみです。(アップされた写真を見たら本当に素晴らしい写真でいっぱいでした!)

ススキの原っぱをいつまでも眺めていたかったのですが、帰りの時間も有るのでそろそろバイクに戻り曽爾高原の

お土産屋さんへ移動して思い思い買い物をし帰路に付きます。

ここからは来た道を帰っていきます。川沿いの狭い道を走って湖畔を抜けてクネクネ道を進んでいって、街中に入ったところで給油をして途中から県道2号線に入ります。

この道も途中で少し狭い所も有りますが、快適な山道で程よいコーナーが続く道です。

県道2号を抜けてR136に乗って途中から蝙蝠峠の県道668号に入っていきます。

ここが今回最後のクネクネ道になりクネクネ道を堪能して、休憩するところが無かったので国道25号の手前の

何もない道の端で休憩です。

ここで帰り道の打ち合わせをしナビに入力して出発です。

国道25号に乗って関インターから国道1号に抜けて裏道を走ります。

快適な広域農道を通って鈴鹿インターの手前まで行くと大渋滞に遭遇、これが凄い渋滞で抜けるのに30分以上かかって

なんとか鈴鹿インターから東名阪自動車道に乗り御在所SAに到着しました。

ここでRikoさんから「ありがとうございました」と「お疲れ様」と「皆さん気をつけて帰ってくださいね」と

お礼の言葉を頂き解散となりました。

今回のツーリングはRikoさんのツーリング初企画という事で、そのお手伝いが出来て良かったと思いますし

大成功だったと思います。

風SENメンバーの皆さんも私も企画してみようかな~って人が居たら、メンバー全員でサポートして行きますので

どんどん企画をしてくださいね~!!

 

 

参加メンバー(敬称略)

        シンヤ・クニ・ショー・ユウ・ばぐ・ヒロ・ふみriko

 

ゲスト参加(敬称略)

        あつこ(ばぐ奥様) MOTO GUZZ V7(riko知人)

                                           ツーレポ シンヤ

臨時企画ツーリング 11月6日